ご挨拶

 メタエンジニアリング研究所のホームページにようこそ。
 世界中で経済が停滞している中、その解決手段はイノベーションにあると思っています。中でも、科学技術立国を目指しながらも停滞の長引く日本においては、継続的なイノベーションを起こしていかなければいけません。
 しかし、従来型の考え方、やり方では新しい展開が期待できないと考えています。何か課題を与えられて、最適な解決策を考えていくプロセスは、エンジニアリングといわれています。エンジニアリングというと技術者だけの問題ととらえられがちですが、誰でもがこのエンジニアリングのプロセスによって問題解決にあたっているのです。これによって多くの問題が解決し、新しいイノベーションも起きてきました。
 しかし、今、多くの問題が複雑化している中で、従来型のエンジニアリングを見直さない限り、新たなイノベーションは起きてこないと思われます。そこで、新たな考え方に基づく「メタエンジニアリング」を発想したわけです。
 メタエンジニアリング、日本語では根本的エンジニアリングと呼ばれるプロセスは、次のように説明されます。
 従来のエンジニアリングが、与えられたあるいは顕在的な課題に取り組んできたのに対し、まだ見えていない、本当の課題を見つけ出し、既存の制約条件をいったん外してみて、技術にとらわれずにあらゆる解決策を探り、これらをうまく融合、統合して、先の課題に当てはめていく、これによって新たな社会的価値が生まれる。このプロセスを繰り返していくことを、メタエンジニアリングと呼ぶことにしました。
 メタエンジニアリングを実装していく活動は、公益社団法人日本工学アカデミーの中の作業部会から生まれ、現在はNPO法人次世代エンジニアリング・イニシアティブなどと協力して進めています。
 本メタエンジニアリング研究所は、2013年4月1日に日本経済大学大学院の中に発足した新しい組織です。幅広い概念であるメタエンジニアリングを深く研究し、広く啓発していくために、メタエンジニアリングに関心を持つ多くの方々を結集し、活動していき、そのセンターオブエクセレンス(COE)を目指しています。