メタエンジニアリングとは何か

 メタエンジニアリング(根本的エンジニアリング)は、イノベーションを継続的に生み出すプロセスを 動的かつスパイラルに推進していくエンジニアリング、と定義される。
 従来の工学を意味するエンジニアリングではなく、より広義な視点でとらえている。
そのプロセスを4つにわけ、潜在的課題の抽出(Mining)、解決策の俯瞰的展開(Exploring)、これらの統合(Converging)、解決策の実装(Implementing)と定義し、MECI(メキ)プロセスと名付けた。
 このメタエンジニアリングのMECI(メキ)プロセスをスパイラルに進めていくには、常に、課題である ”what” の背後にある「なぜ」すなわち”why”を何度も問い直し、課題を明確にしてから解決方法である ”how” を考えることが大切である。






 

お知らせ

今後の講演会 日程

映像情報メディア学会年次大会シンポジウム
テーマ IoTに向けた温故知新とメタエンジニアリング
講師  鈴木 浩(日本経済大学)
日時  2016年9月1日 15:50-16:20
場所  三重大学工学部講義棟C1 1階会場A